落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

一貫体制

Integrated system
HOME事業紹介一貫体制 > 設計

設計

現場や構造物に精通した
技術者が正しい技術、
最適な技術を用いて設計
災害現場は一つとして同じものはなく、したがって、
現場の条件をそれぞれ詳細に分析し、最適な仕様となるように設計しなければなりません。
その際、鍵を握るのは、営業との連携により、いかに的確な情報を収集できるかです。
また、工事部門からのフィードバックも設計の適確性を向上させることに大きく貢献しています。

最適な設計

個別に条件が異なる災害対策の現場
一つひとつを検討して最適な仕様となるように設計
落石や崩壊土砂・雪崩が生み出す衝撃力などに対応し得る構造物の設計が、私たちの使命です。その際、現場ごとに地形や土質などの条件は異なるため、一つひとつの現場に向き合って詳細に検討し、現場の課題を解決できる最適な仕様となるように設計しています。
イメージ2

連携分析

営業と連携して、課題・条件・要望の詳細を収集し分析
設計に不可欠なものは、現場の課題や設計条件、関係者の要望といった正確で詳細な情報です。これらの情報を得るために営業と密に連携し、収集した情報を取りまとめて分析します。現場に適した製品の設計提案は、こうした情報の収集・分析が土台になっています。
イメージ3

反映

工事部門からのフィードバックに迅速に対応し
現場条件に応じた仕様変更を設計に反映
工事部門によって行われる現場測量の結果、地形や勾配などの条件に応じ、製品の配置や仕様の変更が生じる場合があります。その際は、次回提案より工事部門からのフィードバックを活かし、現場の条件に即した設計を行うことが可能です。こうした対応の柔軟さも、一貫体制の優位性のひとつです。
イメージ4

PROTEC Voice

工事部門からのフィードバックが待ち遠しい
「資材搬入が難しい、地形が複雑になっているなど、現場の条件が厳しくなるほど設計のやりがいはあります。その一方で、実際の工事がうまく進んでいるのか、とても気になります。工事部門が随時、現場の進捗を報告してくれるのですが、無事に進んでいると聞くと安心しますね。」
お問合せはこちら
お問合わせフォーム