落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

製品ラインアップ

Products
HOME製品ラインアップ > スーパーロックシェッド

ロックシェッド

スーパーロックシェッド

SUPER ROCK SHED
国土交通省新技術情報提供システム
(NETIS)登録番号
HR-030001-A
■対応対策
  • 落石対策
■適用範囲
対応落石エネルギー:~8000kJ
スーパーロックシェッド
道路や線路に究極の安全を生み出す
高エネルギー吸収高靱性ロックシェッド
スーパーロックシェッドは、道路や線路を覆って落石が路面に直接落下するのを防ぐ工法です。最大8000kJの落石エネルギーに対応し、道路や線路に究極の安全を提供します。
1. 道路・線路を覆って落石から防護
2. 落石エネルギー8000kJまで対応
3. 大規模落石対策に有効

特長

1. 高い靱性を備えたハイブリッド構造
2. 驚異の耐荷力、落石エネルギー8000kJまで対応
3. 支柱間隔を変化させて耐荷力の調整が可能
 
高い靱性を備えたハイブリッド構造
主構にアンボンドPC鋼材を配したコンクリート充填鋼管を、スラブに鋼・コンクリート合成床板を用いることにより、大きな耐荷力と高いエネルギー吸収性能を実現しました。主構は一定の強度を保持したまま変形することが可能なため、設計レベル以上の落石に対しても完全に倒壊することなく、生存空間を保持することができます。
 

独自の主構とスラブを用い、高いエネルギー吸収性能を実現しました。
 
驚異の耐荷力、落石エネルギー8000kJまで対応
実物実験で世界最大規模の重錘落下実験を行い、8000kJの落石エネルギーに対応できることが確認されました。主構とスラブの外面が鋼材であるため、コンクリートの剥離等による二次的な災害もありません。
 

世界最大規模の重錘落下実験で性能が実証されています。
 
支柱間隔を変化させて耐荷力の調整が可能
落石エネルギーに応じて主構の設置間隔を変化させ、耐荷力を調整することが可能です。

構造

スーパーロックシェッドは、主構にアンボンドPC鋼棒を挿入したコンクリート充填鋼管を、スラブに鋼・コンクリート合成床板を使用しています。スラブは主構に荷重を伝達し、連続した隣接主構へ荷重を分散させる効果を有します。主構部材は、極めて高い靱性により必要な耐荷力を一定に保持したまま変形し、落石エネルギーを吸収します。



断面図





正面図






主構断面図





合成床板断面図

実験

落石に対する性能照査実験
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下
時期 2001年
場所 茨城県
重錘重量 211.8kN
載荷エネルギー 8000kJ
実物実験で世界最大規模の重錘落下実験を行い、8000kJの落石エネルギーに対して衝撃吸収性能を有していることが実証されました。
 
構造部材の基礎実験
実験部材 充填鋼管部材1/2スケールモデル
実験方法 供試体に対する重錘落下
時期 1999年
場所 千葉県
 

構造部材の基礎実験
実験部材 充填鋼管部材及びPRC部材
実験方法 供試体に対する重錘落下
時期 1999年
場所 千葉県
曲げ耐力400kN-mで設計された部材に重錘を落下させて充填鋼管部材とPRC部材の比較を行いました。PRC部材は40kJで完全に破壊されました。一方、充填鋼管部材は、大きく変形するものの470kJのエネルギーに対しても破壊されることなく重錘を受け止め、部材の靭性の高さが実証されました。想定外の落石に対してもすぐに折れる事がなく安心です。

施工

1. 支保工設置、支承設置
1. 支保工設置、支承設置
谷側・山側沓及び支保工を所定の位置に設置します。
2. クレーン設置、谷側部材架設
2. クレーン設置、谷側部材架設
クレーンを用いて、谷側部材を支保工の上に仮固定します。
3. 山側部材架設
3. 山側部材架設
クレーンを用いて、山側部材を谷側部材及び山側沓に固定します。
4. 主構連結
4. 主構連結
山側部材と谷側部材を連結します。主構内のPC鋼材を接合した後、グラウトを充填し、フランジ部をボルトで連結します。
5. スラブ架設・連結
5. スラブ架設・連結
クレーンを用いて、スラブ鋼板を所定の位置にボルトで連結します。
6. スラブ配筋、コンクリート打設、防水塗装
6. スラブ配筋、コンクリート打設、防水塗装
スラブ内の鉄筋を所定の位置に配置し、コンクリートを打設します。表面の防水塗装を行います。
7. 土砂囲い設置、緩衝材敷き均し
7. 土砂囲い設置、緩衝材敷き均し
谷側と起終点の側面部に土砂囲いを設置します。緩衝材をミニバックホウ等で敷き均します。
8. 完成
8. 完成
お問合せはこちら
お問合わせフォーム