落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

製品ラインアップ

Products
HOME製品ラインアップ > コレッキリスクリーン

透過型鋼製スリット堰堤用 中小石礫・流木捕捉部材

コレッキリスクリーン

KOREKKIRI SCREEN
■対応対策
  • 土石流対策
■適用範囲
条件に応じて設計
コレッキリスクリーン
鋼製スリット堰堤をすり抜ける
中小石礫・流木を捕捉
コレッキリスクリーンは、透過型鋼製スリット堰堤の両岸コンクリート部にワイヤロープを定着してスクリーン状に設置することで、堰堤の鋼管の間をすり抜ける小規模土石・流木を捕捉する製品です。
1. 中小石礫・流木対策
2. 鋼製スリット堰堤の捕捉機能を向上
3. ワイヤロープをスクリーン状に設置
 するシンプル構造

特長

1. 渓流の上下流の連続性を確保する透過型部材
2. 流下する石礫の径に応じて、部材間隔を調整
3. 衝撃吸収性能に優れた構造
4. 様々なタイプの鋼製スリット堰堤に適用可能
 
渓流の上下流の連続性を確保する透過型部材
ワイヤロープをスクリーン上に設置する構造であるため、鋼製スリット堰堤の透過性を損ないません。渓流の上下の連続性を確保したまま、効果的に中小石礫・流木を捕捉します。
 
流下する石礫の径に応じて、部材間隔を調整
ワイヤロープの取付間隔は、設計礫径に応じて検討することができます。現場に最適な間隔に調整することで、流下する石礫を確実に捕捉します。
 
衝撃吸収性能に優れた構造
礫等の衝撃をワイヤロープの伸びと可動及び連結部の緩衝部材で吸収します。ワイヤロープが鋼製スリット堰堤に接し、もたれかかることで礫等を確実に捕捉します。
 
様々なタイプの鋼製スリット堰堤に適用可能
堰堤と一体化していない独立した構造であるため、新設・既設を問わず様々なタイプの透過型堰堤に適用することができます。

構造

コレッキリスクリーンは、ループ状に配置したワイヤロープを鋼製スリット堰堤の左右両岸のコンクリート部に水平方向に定着して、ワイヤロープの鉛直方向に間隔保持材を設置する構造になっています。ワイヤロープとコンクリート部を定着する連結部には、衝撃吸収性能を有する緩衝部材を使用しています。
 

 
エネルギー吸収機構
各所に配置した衝撃吸収性能を有する部材が、石礫や流木捕捉時に効果的に作用します。
 

 
コレッキリスクリーンは、礫等の衝撃をワイヤロープの伸びと可動及び連結部の緩衝部材で吸収します。ワイヤロープが鋼製スリット堰堤に接し、もたれかかることで礫等を確実に捕捉します。
 
お問合せはこちら
お問合わせフォーム