プロテックエンジニアリングRecruit site

プロテックエンジニアリングRecruit site

エントリー

CAREERキャリアを知る

研修制度

新入社員研修

入社1~2週間をかけて座学で会社や事業について学びます。「求める人材像」や「業界構造」から、「公共事業の流れ」「それぞれの部署の業務内容」「災害の種類」「製品概要」など、仕事をしていくうえで必要な知識や情報について、社長をはじめ各部署の責任者や先輩社員が講義形式でのレクチャーを進めていきます。また、労働安全委員会による労務に関する指導や、警察に協力をいただいて交通安全研修などを実施しています。

座学のほか、製品の特徴や状況を確認する現場見学や、製造工程を学ぶ本社工場での実習を行います。研修終了後に技術部門や営業部門に仮配属になりOJTで実務を学び、半年後に正式に部署配属になります。

階層別スキル開発研修

入社3年目までの社員、入社4年から5年程度の実務業務を行う社員、中堅社員、管理職社員など、各階層を細かく設定して、それぞれの業務に必要とされるスキルと知識を習得するための研修を年に1~3回実施しています。

2017年度の「入社3年目までの社員」の研修では、社会人としての行動規範や、実務を遂行するためのスキルについて、社内外から招いた講師から基礎を学び、その後、関連する内容のケーススタディを題材にして、グループディスカッションによる課題解決ワークに取り組みました。最後にグループ別でプレゼン形式での成果発表をし、その内容についてフィードバックをしました。

「中堅社員」の研修では、近い将来に必要となるマネジメントスキルや社員育成手法について、課題図書やCD聴講を通じて、自分自身に不足する課題の発見に取り組み、グループで今後の目標設定などを行いました。

各種専門知識研修

メーカーの社員として必要な専門知識を身に付けるために、各種研修や勉強会を実施しています。新製品の発売時には、技術開発部の主催によって製品勉強会が開かれます。社員は誰でも参加可能で、毎回、活発な質疑応答が行われています。製品の概要だけではなく、設計の考え方やPRポイントなども解説します。

営業担当の社員には、「営業スキルアップ講座」と銘打って、お客様が求めるものや具体的な営業方法、その他営業担当としての心構えなどについて、ベテラン営業担当社員らがアドバイスをしていきます。

その他にも、知的財産に関する研修や、管理部門系社員に対する製品勉強会なども実施しています。

外部セミナー参加制度

階層別スキル開発研修、各種専門知識研修とは別に、社外の機関を活用した外部セミナー参加制度を設けています。全社員が、ビジネススキルや業務改善、コミュニケーション、マネジメントといったカテゴリから、自身に合ったセミナーを自ら選択して受講することができます。年間を通して開催されているセミナーが多くあるため、業務の都合に合わせた受講が可能で、社員のキャリア形成に伴うスキルの向上と成長を支援します。

ビジネス書籍の購入費補助制度

全社員を対象に、ビジネス書籍の購入費を補助しています。社員が自主的にビジネススキルやマインドの向上を目的として書籍を購入する際、会社がその一部を補助します。書籍を通じて、仕事における知識はもとより、自己啓発や経営、マーケティング、経済など、幅広い分野における知識やスキルの向上、成長を支援します。

修学支援制度

働きながら大学院の博士課程等で学べる制度を利用した社員教育プログラムです。大学との共同研究を盛んに行うことで社員の技術開発能力の向上を進めています。大学の授業料は会社が負担する制度です。現在も防災に関する研究のために大学院で学んでいる社員がいます。

Copyright© PROTEC ENGINEERING. All Rights Reserved.