落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

製品ラインアップ

Products
HOME製品ラインアップ > マクロネット® HR

斜面安定工

マクロネット® HR

MACRO NET HR
国土交通省新技術情報提供システム
(NETIS)登録番号
申請中
■対応対策
  • 崩壊土砂対策
■適用範囲
条件に応じて設計
マクロネット® HR
ワイヤロープを編み込んだ高強度ネットと補強材で斜面崩壊を防ぎます。
マクロネット HRは、耐候性に優れるPVC(ポリ塩化ビニル)コーティングを施した二重撚線亀甲金網にワイヤロープを編み込んだ高強度ネットと補強材、支圧板を組み合わせた斜面安定工です。
1. 表層 3.0m 程度までの斜面崩壊対策に
 最適
2. シンプルな部材構成でコスト縮減・
 工期短縮

特長

1. 100kN 以上の締め付け効果を実現
2. 景観や環境に配慮した施工が可能
3. シンプルな部材構成でコスト縮減・工期短縮
 
100kN 以上の締め付け効果を実現
マクロネット HR は、金網にワイヤロープを編み込んだ高強度ネットと補強材で不安定斜面を安定化させます。
対象者面を覆った高強度ネットを補強材と支圧版で固定することにより、100kN 以上の締め付け効果を実現します。
これにより、表層 3.0m 程度までの斜面崩壊や不安定岩塊の抜け落ちを防ぎます。
 
景観や環境に配慮した施工が可能
対破網性に優れた高強度ネットは、部分的に切断することで樹木を残して設置でき、景観や環境に配慮した施工が可能です。
 

伐採を最小限に抑えることが可能
 
シンプルな部材構成でコスト縮減・工期短縮
吹付法枠工や従来の覆式網工と比べシンプルな部材構成でコスト縮減・工期短縮が可能です。(当社製品比較)

構造

マクロネット HRは、PVC(ポリ塩化ビニル)コーティングを施した二重撚線亀甲金網にワイヤロープを編み込んだ高強度ネットと補強材、支圧板で構成されています。
 

高強度ネット:HR30
ワイヤロープを 300mm 間隔で縦に編み込んだ構造で変形量を抑制します。
 
金 網(PVCコーティング) ワイヤロープ(PVCコーティング)
目合い 素線径 ロープ径 編み込み間隔
8 x 10 2.7mm 6mm 300mm




支圧板:250 x 250 x 8 mm
ワイヤロープを締め付けるように設置します。




連結クリップ
専用クリップで高強度ネットを簡単に連結します。




PVC コーティング
PVC コーティングを施した金網は 100 年以上の耐候性を実現します。

設計

マクロネットHRは『切土補強土工法設計・施工要領(株式会社高速道路総合技術研究所発行)』に準拠して算出した必要抑止力に対する補強材の検討と、補強材間の中抜け(局部崩壊)に対するネットおよび補強材の検討をそれぞれ行います。
 

実験

金網強度試験


高強度ネット(HR30)の引張強度およびパンチング強度を測定しました。
引張強度 パンチング強度
119kN 125kN
 

支圧強度確認試験


100kN 以上の締め付け効果があることを確認しました。
 
 

大型土槽傾斜実験


締固めを行わない砂を敷き詰めた大型土槽の表面にマクロネットHRを設置し、クレーンを用いて土槽を最大75度まで傾斜させました。
実験結果から、ネットによる砂の滑動抑止性能およびネットとアンカーの安全性を確認しました。
土槽の傾斜角 ネットにかかる張力 アンカーにかかる張力
75度 30kN 3kN x 2本
 
お問合せはこちら
お問合わせフォーム