落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

製品ラインアップ

Products
HOME製品ラインアップ > SPARCフェンス®

多機能型落石防護柵

SPARCフェンス®

SPARC FENCE
国土交通省新技術情報提供システム
(NETIS)登録番号
HR-130008-A
■対応対策
  • 落石対策
  • 崩壊土砂対策
  • 雪崩対策
■適用範囲
対応落石エネルギー:~300kJ
堆積土圧の作用高:~1.5m、1.5mを超える場合は別途検討
標準対応積雪深:~3.0m、3.0mを超える場合は別途検討
SPARCフェンス®
落石・雪崩・堆積土砂対策に
適用可能な防護柵
SPARCフェンスは、主に斜面に設置して道路や民家を落石から守る落石防護柵です。最大300kJの落石エネルギーに対応します。さらに、 積雪深3.0mまで対応する雪崩予防柵として、また、堆積土砂対策としても適用できます。
1. 斜面設置型の防護柵
2. 落石・雪崩・堆積土砂に適用可能
3. 落石エネルギー300kJまで対応
4. 積雪深3.0mまで対応

特長

1. 落石を繰り返し捕捉し維持管理の頻度を低減
2. 落石・雪崩・堆積土砂とマルチに対応
3. 落石捕捉時のネットの変形量が小さい
4. 軽量・シンプルな構造で設置が容易
 
落石を繰り返し捕捉し維持管理の頻度を低減
落石捕捉後における部材の変形や柵高の減少が小さいため、設計で想定する最大規模の落石を繰り返し捕捉することができます。維持管理性に優れており、落石捕捉後のメンテナンスにかかる頻度や手間の低減と、コストの縮減を実現します。実物実験により、重錘衝突後も必要な柵高を保持できることを確認しています。
 

緩衝装置を用いない構造なので、維持管理の頻度を低減できます。
 
落石・雪崩・堆積土砂とマルチに対応
緩衝装置を用いない構造のため、積雪や堆積土砂の静荷重にも対応することができます。積雪地域での落石対策や、落石の危険のある斜面での雪崩対策に有効です。さらには、風化が進んだ斜面の防護柵や、切土斜面工事現場での落石・土砂堆積用仮設防護柵としても活用することができます。
 

落石対策から雪崩対策、堆積土砂対策まで、多様な用途に適用できます。
 
落石捕捉時のネットの変形量が小さい
落石捕捉時のネット変形量が小さいため、比較的保全対象に近づけた配置が可能です。ネット変形量は、実験により確認されています。
 

ネット変形量が比較的小さいため、道路際に設置することができます。
軽量・シンプルな構造で設置が容易
アンカーで地山に係留する構造のため、大掛かりな基礎が不要で、小型の削岩機やボーリングマシンでの削孔が可能です。シンプルな構造で部材が軽量なため、斜面上でも安全かつ容易に設置することができます。人力運搬・人力施工が可能なため、短工期・低コストでの施工を行うことができます。
 

人力運搬・人力施工が可能で、短工期・低コストを実現します。
 

構造

SPARCフェンスは、支柱、金網、ワイヤネット、ワイヤロープ、支柱基部プレート、アンカーで構成されています。基礎はアンカー構造であり、山側・サイドにはワイヤアンカーを、支柱基部にはアンカーロッドを用います。構造物全体で落石エネルギーをバランスよく柔軟に吸収します。 落石エネルギー100kJと300kJに対応する2つのタイプをラインアップしています。

正面図




断面図

実験

実物供試体による衝撃載荷実験

 
落石に対する性能照査実験 
実験対象 SPARC100
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.0m    18m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 3.0t/m3    340kg
落下高さ 32.1m
衝突速度 25.1m/s
載荷エネルギー 106kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。
その他製品における落石対策便覧に適合した実験動画は こちらをご覧ください。

 
落石に対する性能照査実験 
実験対象 SPARC300
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.0m    18m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.4t/m3    1,008kg
落下高さ 32.2m
衝突速度 25.1m/s
載荷エネルギー 318kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。
その他製品における落石対策便覧に適合した実験動画は こちらをご覧ください。

 
落石に対する性能照査実験
実験方法 実物供試体に対する振り子式重錘衝突実験
時期 2012年
場所 新潟県
重錘重量 10.0kN
載荷エネルギー 200kJ
複数回重錘を衝突させたときの落石捕捉性能を実験で確認しました。複数回の重錘衝突後も、落石防護柵の必要最小柵高とされている2.0m以上の柵高を保持することができました。また、重錘捕捉時のネットの最大変形量も確認しました。
 
各実験ケースの残存柵高及び最大変形量
case 載荷エネルギー 残存柵高 最大変形量
1 100kJ 2.60m 2.40m
2 30kJ 2.55m 2.20m
3 50kJ 2.50m 2.40m
4 75kJ 2.45m 2.40m
5 200kJ 2.50m 2.80m


重錘衝突前



重錘衝突後(Case5の場合)
複数回重錘を衝突させた後も、初期柵高の70%以上を保持することができました。

 

施工

1. アンカー削孔
1. アンカー削孔
支柱基部のアンカー位置では削岩機を、山側・サイドのアンカー位置ではボーリングマシンを用いて所定の角度で削孔し、アンカー体を挿入します。
2. グラウト注入
2. グラウト注入
グラウトを所定の配合で練り混ぜ、孔内に注入します。グラウトの強度が設計値を満足するまで養生します。
3. アンカー確認試験
3. アンカー確認試験
アンカーの確認試験を行い、設計耐力を満足しているか確認します。
4. 支柱建込み
4. 支柱建込み
ベースプレートを設置し、支柱を建て込みます。支柱内ワイヤロープを緊張させ、支柱を自立させます。
5. ワイヤロープ設置
5. ワイヤロープ設置
支柱頭部と基部から、端部と山側に控えロープを設置します。ロープを緊張させてアンカー位置で定着します。
6. ワイヤネット設置
6. ワイヤネット設置
ワイヤネットの上辺・底辺にワイヤロープを通し、支柱間にネットを設置します。
7. 金網設置
7. 金網設置
ワイヤネットの山側に金網を設置します。
8. 完成
8. 完成
お問合せはこちら
お問合わせフォーム