落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

実験による性能検証

Experiment
HOME > 実験による性能検証
当社取扱製品の実物供試体に対する
重錘自由落下実験を行ない、
落石捕捉性能を確認しました。
実験は、落石対策便覧の、
(2017年12月改定/ 公益社団法人日本道路協会)
実験による性能検証の条件に
適合しています。

エネルギー吸収型小規模落石防護柵
ARCフェンス

ARCフェンスは、圧倒的な採用実績を誇るエネルギー吸収型小規模落石防護柵です。主に斜面に設置して道路や民家を落石から守ります。落石エネルギー50kJ/ 100kJ/ 200kJに対応する3タイプを用意し、小規模落石対策で経済性を発揮します。
>>詳細はこちら

ARC50

落石に対する性能照査実験

実験対象 ARC50
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 2.0m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.6t/m3    193kg
落下高さ 32.7m
衝突速度 25.3m/s
載荷エネルギー 61kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

ARC100

落石に対する性能照査実験

実験対象 ARC100
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2017年   新潟県
柵高・延長 2.0m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 3.0t/m3    340kg
落下高さ 32.0m
衝突速度 25.0m/s
載荷エネルギー 106kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

ARC200

落石に対する性能照査実験

実験対象 ARC200
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.0m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.3t/m3    697kg
落下高さ 32.7m
衝突速度 25.3m/s
載荷エネルギー 223kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

多機能型落石防護柵
SPARCフェンス

SPARCフェンスは、主に斜面に設置して道路や民家を落石から守る落石防護柵です。最大300kJの落石エネルギーに対応します。積雪や堆積土砂などの静的な荷重にも対応可能で、マルチに活用できます。
>>詳細はこちら

SPARC100

落石に対する性能照査実験

実験対象 SPARC100
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.0m    18m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 3.0t/m3    340kg
落下高さ 32.1m
衝突速度 25.1m/s
載荷エネルギー 106kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

SPARC300

落石に対する性能照査実験

実験対象 SPARC300
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.0m    18m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.4t/m3    1,008kg
落下高さ 32.2m
衝突速度 25.1m/s
載荷エネルギー 318kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

既設落石防護柵補強工
再強フェンス® Lタイプ

再強フェンス Lタイプは、既設落石防護柵における柵高不足の改善や老朽化対策に対応する補強工法です。既設防護柵の擁壁を再利用するため、短工期・低コストでの対策が可能です。60kJ までの落石エネルギーに対応します。
>>詳細はこちら

再強フェンスLタイプ

落石に対する性能照査実験

実験対象 再強フェンス Lタイプ
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.0m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.6t/m3    193kg
落下高さ 32.6m
衝突速度 25.2m/s
載荷エネルギー 61kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

崩壊土砂防護柵
スロープガードフェンス® タイプLE

スロープガードフェンスタイプLEは、道路際や民家裏で崩壊土砂を受け止める待ち受け型の鉛直式崩壊土砂防護柵です。支柱間に設置したパネル式ワイヤネットと金網で土砂の流出を防ぎます。また、300kJの落石エネルギーに対応することができます。
>>詳細はこちら

スロープガードフェンス タイプLE100

落石に対する性能照査実験

実験対象 スロープガードフェンス タイプLE100
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.2m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 3.0t/m3    340kg
落下高さ 32.7m
衝突速度 25.3m/s
載荷エネルギー 109kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

スロープガードフェンス タイプLE300

落石に対する性能照査実験

実験対象 スロープガードフェンス タイプLE300
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 3.2m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.4t/m3    1,008kg
落下高さ 32.2m
衝突速度 25.1m/s
載荷エネルギー 318kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。

雪崩防護柵
スロープガードフェンス® タイプLS

スロープガードフェンスタイプLSは、主に道路際や民家裏に設置して雪崩の被害を防ぐ鉛直式せり出し防止・雪崩予防・雪崩防護柵です。また、60kJ までの落石エネルギーに対応することができます。
>>詳細はこちら

スロープガードフェンス タイプLS

落石に対する性能照査実験

実験対象 スロープガードフェンス タイプLS
実験方法 実物供試体に対する重錘自由落下実験
時期・場所 2018年   新潟県
柵高・延長 2.9m    15m(3スパン, 支柱4本)
重錘形状・材質 多面体    鋼製殻+コンクリート
重錘密度・重量 2.6t/m3    193kg
落下高さ 32.7m
衝突速度 25.3m/s
載荷エネルギー 61kJ
実験は、落石対策便覧(2017年12月改訂版 / 公益社団法人日本道路協会)の、実験による性能検証の条件に適合しています。
お問合せはこちら
お問合わせフォーム