落石災害・崩壊土砂災害・雪崩災害の対策製品

お問合せ

製品ラインアップ

Products
HOME製品ラインアップ > 崩壊土砂防護柵 スロープガードフェンス® タイプLE
建築会社・デベロッパー必見!

土砂災害特別警戒区域における土地開発に最適

  • 土砂災害防止法に適応
  • 省スペースに設置
  • 高い安全性
土砂災害防止法によって指定された、
土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)における建築のための開発行為において、
安全確保に必要な技術的基準を満たした崩壊土砂防護柵を紹介します。

製品概要

崩壊土砂防護柵 スロープガードフェンス® タイプLE
土砂捕捉性能と設置スペースに優れた
鉛直式崩壊土砂防護柵
スロープガードフェンスタイプLEは、土砂災害の危険性がある斜面に近接する民家裏や道路際などに設置して、崩壊土砂を受け止める待ち受け型の鉛直式崩壊土砂防護柵です。支柱間に設置したパネル式ワイヤネットと金網で土砂の流出を防ぎます。
従来工法の重力式擁壁と比べて設置スペースが少ないことに加え、地盤条件が悪い場所でも特別な地盤改良を行う必要がほとんどありません。
危険を回避しながら
土地を有効活用
スリムな構造で設置スペースが少ないため、造成地や建築物に活用する土地を広く確保することができます。
法律に基づいた
安全・安心な構造
土砂災害防止法の規定に基づき、移動の力「土砂衝撃力」と堆積の力「堆積土圧」を考慮した構造となっています。その性能は、実規模を再現した各種実験によって確認されています。
高耐力の
支柱部材を採用
支柱部材には、高耐力と軽量化を実現した当社独自の蓮根型中空構造鋼管(LST鋼管)を採用しています。支柱部材の耐力は、実物供試体を用いた載荷実験によって確認されています。
被災後の
維持管理が容易
受撃面に設置しているパネル式ワイヤネットは、支柱間ごとに取り外しが可能で、被災後に堆積土砂の排出を容易に行うことができます。取り外したワイヤネットなどの部材は、再設置して使用することができます。

特長

「狭いスペース」や「軟弱地盤」でも効果的に設置
ビフォー
堆積土砂のポケット部を確保するために斜面の掘削を行い、切土斜面の安定を図るための補強工が必要になります。
アフター
柵高を調節することで堆積土砂のポケット部を確保するため、斜面の改変がほとんどありません。
  • Point1
    スリムな構造
    高耐力の支柱とネットで土砂を受け止める構造のため、重力式擁壁のような設置スペースの確保と広範囲の床掘りが必要ありません。
  • Point2
    斜面改変がほぼ必要ない
    柵の高さを調整することにより土砂堆積用のポケット部を設けることができるため、斜面の改変を最小限に抑えることができます。
  • Point3
    軟弱地盤でも設置可能
    基礎部と一体化した支柱部材により、軟弱な地盤においても、条件によっては地盤の改良をせずに設置が可能です。

提案事例

プロテックエンジニアリングのご提案
住宅やマンションの土地造成
土砂災害の恐れのある区域に住宅やマンションを建築する際、隣接した急傾斜地に対する斜面崩壊対策として、スロープガードフェンス タイプLEを設置し、土地や建物に被害が及ぶのを防ぎます。
レッドゾーンに指定されているために、住んでいる家の建て替えができない場合の対策としても最適です。
社会福祉施設や医療施設の建築
土砂災害の恐れのある区域に商業施設や社会福祉施設、学校、医療施設を建築する際、隣接した急傾斜地に対する斜面崩壊対策として、スロープガードフェンス タイプLEを設置し、土地や施設に被害が及ぶのを防ぎます。
お問合せはこちら
お問合わせフォーム